や・ゆ・わ







焼き太刀の (やきたちの)→ と・へつかふ
八雲さす (やくもさす)→ 出雲
八雲立つ (やくもたつ)→ 出雲
やすみしし → わごおほきみ
八百土よし (やほによし)→ きづき
山川の (やまかわの)→ たぎつ・あさ・はやし
山菅の (やますげの)→ みだる・やまず・そがひ・実
山たづの (やまたづの)→ 迎へ
行く川の (ゆくかはの)→ 過ぎ
行く鳥の (ゆくとりの)→ むらがる・あらそふ
行く舟の (ゆくふねの)→ 過ぎ
行く水の (ゆくみづの)→ 過ぐ・止めかね
木綿襷 (ゆふだすき)→ かく
木綿畳 (ゆふだたみ)→ たむけ・た・白月山
木綿花の (ゆふはなの)→ さかゆ
夕月夜 (ゆふづくよ)→ をぐら・あかつきやみ(あかときやみ)・入る
夕星の (ゆふづつの)→ 夕へ・かゆきかくゆき
若草の (わかくさの)→ つま・新(にひ)・沸かし・あゆひ
若菰を (わかこもを)→ かり
吾妹子に (わぎもこに)→ あふ
吾妹子を (わぎもこを)→ いざみ・はやみ
海の底 (わたのそこ)→ おき