高知るや (たかしるや)→ 天(あめ)
高照らす (たかてらす)→ 日
高光る (たかひかる)→ 日
栲綱の (たくづのの)→ しら・しろ
栲縄の (たくなはの)→ 長き・ちひろ
栲領布の (たくひれの)→ 白・鷺・かけ
栲衾 (たくぶすま)→ しら
畳薦 (たたみこも)→ 隔て・平群(へぐり)・重ぬ
玉かぎる (たまかぎる)→ 夕・日・ほのか・はろか・磐垣淵(いはかきふち)
玉勝間 (たまかつま)→ あふ・安倍・島山・島熊山
玉葛 (たまかづら)→ 実・延(は)ふ・遠長し・絶えず・くる
魂極る (たまきはる)→ うち・世・命・幾代・吾(わ)・磯
玉櫛笥 (たまくしげ)→ 箱・ふた・あけ・み・ひらく・覆(おお)ふ・奥
玉釧 (たまくしろ)→ 手に取り持つ・まく
玉襷 (たまだすき)→ かく・うね・雲
玉の緒の (たまのおの)→ 長き・短き・絶え・乱れ・継ぐ・間も置かず・現(うつ)し心・惜し
玉桙の (たまほこの)→ 道・郷
玉藻刈る (たまもかる)→ おき・をとめ・敏馬(みぬめ)・辛荷(からに)
玉藻なす (たまもなす)→ 浮かぶ・よる・なびく
玉藻よし (たまもよし)→ 讃岐
垂乳根の (たらちねの)→ 母・親
posted by 枕詞 | 「た」ではじまる枕詞